RSS2.0
1月29日から1クラス、学級閉鎖になりました。大事をとって2月1日の園庭開放と2月3日のさんさんひろばをお休みします。クラスの再開に合わせて、園庭開放とさんさんひろばも再開しますので、HPでご確認ください。
今日は、1月生まれのお友達の誕生会でした。みんなから「おめでとう」と言ってもらって、嬉しそうな誕生児たちでした。毎月、誕生会での子ども達の姿を見て、本当に大切な行事だと思います。  
今日は、年少組と年中組の参観日でした。年少組は「ねずみのでんしゃ」年中組は「ちびとらちゃん」の遊びを見ていただきました。お話遊びが大好きな子ども達。年中組は、自分たちで登場人物のイメージを体や言葉で表現しながら、関わりを楽しんでいます。年少組は、お家の人と一緒にお話の世界で遊びました。子ども達はとても嬉しそうで、この思い出がもっとこのお話を好きにしていくことになります。  
今日は、生活発表会の遊びをおうちの方に見ていただきました。感染対策をとって、短い時間でしたが、子ども達の様子を見ていただけて良かったです。すみれ組は「もりはいきている」、さくら組は「白雪姫」のお話で遊んでいます。これから、お話の面白さを感じながら、お客さんに見てもらうことを意識して子ども達が劇を創り上げていきます。当日をお楽しみに!  
毎朝、子ども達は、元気に体操をして、そのあと、マラソンをしています。年長組さんがかっこよく走っているのを見て、年中組も年少組のやる気満々になります。寒い日が続きますが、朝一番に体を動かすと1日が気持ちよく過ごせます。  
新型コロナウィルス感染防止対策をとりながら、「わくわくひろば」を開催しました。今日は、地域の教育ボランティアさんに来ていただき、リトミックをしていただきました。とっても楽しくて、笑顔いっぱいのひろばになりました。  
1月17日、阪神淡路大震災が起きて、27年がたちました。子ども達に命の大切さと、元気でいっぱい遊べることは、とっても幸せなことだということを伝えたいと思いました。避難訓練をしました。岩園小学校まで2次避難することも3回目になるとみんな落ち着いて上手に避難できました。そのあと、遊戯室で感染対策をとったうえで、地域の読み聞かせボランティアの方に来ていただき、「さくらのなわとび」というオリジナルの震災の紙芝居を読んでいただきました。みんなとっても真剣に聞いていました。涙を流す子もいました。降園時には、保護者にも参加していただき、黙とうをしました。今、子ども達が元気でいられることに、感謝の気持ちでいっぱいになります。  
どんど焼きをみんなでしました。幼稚園の門に飾ってあったしめ飾りを焼いて、今年1年が良い年になるようにお願いをしました。焼いた後、灰を、幼稚園の中に悪いものが入ってこないようにと3つの門の隅に置きました。  
今日のさんさんひろばは、ビニール袋を使って、パラシュートを作りました。お家の人と一緒に、ビニールに絵を描いた後、アルミホイルで作ったおもりをつけて完成です。みんなで、「5,4,3,2,1,0、発射!」と飛ばして遊びました。  
お弁当を食べて、みんなが遊び始めたころ、空から素敵なプレゼントがありました。雪がたくさん降ってきたのです。子ども達は大喜び!スモックを広げて雪を捕まえたり、色画用紙にのせたり、滑り台やマットにうっすら積もった雪を集めたり、空に向かって口を開けたり・・・。あまり雪が降らない地域なので、こんな日は大切にしたいと思っています。服にのった雪をよく見ると結晶が見えて、さっそく虫眼鏡でみる年長組。自然の不思議さを感じます。  
今日は、鏡開きをしました。鏡餅を飾るいわれや、一緒に飾ってある「橙」「串柿」「昆布」「ウラジロ」の意味についても話を聞きました。そして、今年もよい年になりますようにと、一人一人鏡餅を開きました。そのあと、きな粉餅をみんなで食べました。きっと、みんなにとって、良い年になることでしょう。  
今日から3学期。元気に登園してしてきた子ども達。「おめでとうございます」「今年もよろしくお願いします。」と自分でしっかりと挨拶ができる姿に感動しました。始業式で、飾ってある鏡餅のお話を少しして、新しい年も元気いっぱい遊びましょうとお話しました。そのあと、子ども達は園庭で所狭しと遊んでいました。羽根つきの遊びに挑戦する子、鬼ごっこや砂場やリレー、お店屋さんごっこなど2学期に遊んだ遊びを思い出して友達と楽しむ子・・・。みんな本当によく遊んでいました。  
今年度の冬休みから、岩園小学校のすぎのこ学級のお兄さん、お姉さんと、きりん組(預かり保育)の子ども達との交流会を始めました。コロナ禍のため、なかなか実現できなかった交流会たっだので、嬉しいことでした。はじめは、お互いに緊張気味の子ども達でしたが、遊んでいるうちに楽しそうな声が聞こえるようになりました。お兄さん、お姉さんに甘える子、一緒になって乗り物に乗って遊ぶ小学生、いろいろな姿を見て、素敵な時間が過ごせていると感じました。これからも、続けていきたいと思います。  
今日は、終業式でした。遊戯室にみんなで集まって、2学期を振り返り、新しい年を迎える話を聞きました。先生たちと「よいお年を」と挨拶をして終わりました。 来年も皆様にとってよい年になりますように、心より願っております。  
みかん組さんが毎日お世話をして、大きくなったブロッコリーを収穫して食べました。たくさん収穫できたので、幼稚園のみんなで食べました。収穫したブロッコリーを大事そうに持っていたり、においをかいだり、いちご組さんに見せたり、みかん組の子ども達はとても嬉しそうでした。塩ゆでにして、ゆでたてを食べると、本当に美味しかったです。はじめて、ブロッコリーが食べられた子もいました。嬉しいことです。  
今日はお餅つきでした。昨年度は、できなかったお餅つき。みんな楽しみにしていたようです。園庭のお餅つきの用意を見て、登園してくる子ども達が嬉しそうでした。子ども達もお餅をついて、つきたてのお餅を食べました。「美味しかった」と大喜び。きな粉をつけて食べました。 
12月の「わくわくひろば」をしました。15組の未就園児の親子の皆さんが集まってくれました。年中組の子ども達が歌と、楽器の演奏を聞かせてくれました。未就園児の子ども達も一緒に音楽に合わせて鈴をならして遊びました。そのあと、手作り楽器をみんなで作って、遊戯室を暗くして、ツリーの電飾の明かりの中、手作り楽器の演奏会をしました。  
岩園小学校のグラウンドで、年中組と年長組の子ども達がたこあげをしました。ほどよい風が吹いて、子ども達は思い切りたこあげを楽しんでいました。走らなくても、風が吹くとたこがあがることが不思議で、その感覚を楽しみながら感じている様子が見られました。みかん組の子ども達は、園庭で手作りたこをあげて大喜びでした。体にたこをつけて走ったり、滑り台を滑りながらあげたり、面白いことを考えていました。  
今日は12月のお友達の誕生会でした。クリスマスツリーの前で楽しい誕生会でした。それから、今日は、岩幼ランチもしました。幼稚園で実ったレモンを収穫して、レモンゼリーをつくりました。幼稚園でできた大きな大きな大根もお味噌汁にしました。  
年長組みんなで、朝日ケ丘小学校に行ってきました。長い坂道を登って、到着すると、広い校庭にみんなびっくり。「大きい」「広い」と思わずつぶやいていました。校長先生と教頭先生にご挨拶をして、大きな遊具で遊びました。そのあと、学校図書館に入らせていただきました。図書の先生が優しくお話をしてくださって、みんなよく聞いていました。小学生気分でいろいろな本を読んでいました。これから、年長組は、何度か、岩園小学校と朝日ケ丘小学校に遊びに行く予定です。
みかん組はイチゴの苗を植えました。1学期の食べたイチゴが美味しかったことを覚えているのでしょう。大きくなって実がなるのを楽しみにしていました。いちご組は玉ねぎの苗を明日植えるので、今日は土つくりをしました。小さな苗を見て、玉ねぎの赤ちゃんだと話していました。収穫を楽しみにみんなで世話をしていきます。  
待ちに待ったなかよし会。子ども達は、ワクワク、ドキドキ、嬉しかったり、楽しかったりいろいろな思いを味わいながらサンタさんが来るのを待っていました。遊戯室の電気を消して夜にしました。クリスマスツリーの電飾とキャンドルの明かりの中、子ども達がサンタさんを待ちます。すると遠くから「シャンシャンシャン」という鈴の音が聞こえてきました。「ドンドンドン」とドアをノックする音が。ドアが開くと、「メリークリスマス!」とサンタさんの登場です。サンタさんのおうちの周りにはいっぱい雪が積もっていること、サンタさんはずっと遠くの北の国からきたこと、6頭のトナカイさんと来たことを教えてもらいました。一人ずつ名前を呼んでもらって、一人ずつサンタさんからプレゼントをもらいました。サンタさんが帰った後、お庭を見るとそりの跡が、そして、氷が落ちてました。大騒ぎの子ども達でした。そのあと、ケーキを食べました。とっても美味しかったです。  
いよいよ来週の月曜日、サンタさんが幼稚園に来てくれます。子ども達でサンタさんを迎える準備をしました。子ども達が作った制作で遊戯室を飾りました。そして、ブラックシアターのお話を聞いた後、お空からやってくるサンタさんに岩園幼稚園の場所がよくわかるように、大きなツリーに折り紙で作ったサンタさんを貼って、3階の窓に置きました。年長組は、サンタさんに座ってもらう椅子を幼稚園中探してくれました。椅子の下には手作りの敷物まで作ってくれました。月曜日が楽しみです。      
今年度2回目の交通安全教室をしました。嬉しいことに、今回は、白バイも来てくださいました。白バイのおまわりさんと一緒に記念撮影もしました。横断歩道の渡り方も、お話を聞いてルールを守って渡りました。年長組は来年1年生になるので、自分で渡る練習をしました。いちご組は、お友達と一緒に一つ一つ確認しながら渡りました。みかん組は、1回目の時は年長組さんに手をつないでもらって渡りましたが、今日はみかん組だけで渡る練習をしました。年長組は、幼稚園での教室は最後なので、修了書とパトカーバッチをいただきました。おまわりさんから、「けがをしないように」と一人ずつに優しく声をかけていただきました。  
11月に入ってから、食欲がなくなってきたカメのにこちゃん。お世話をしている年長組が「大丈夫かな」と心配する子もいましたが、昨年、幼稚園のお池で冬ごもりをしたことをおぼえていた子が教えてくれました。もうそろそろお池に入れてあげようということになり、年長組みんなで、「また、春になったら遊ぼうね」と見送りました。寒い冬の間、にこちゃんはお池で冬越しをします。  
今日、サンタさんからのお手紙が幼稚園に届きました。年長組が見つけて大騒ぎです。大きな葉っぱに、英語で書かれていました。みんな、大喜び!!12月13日に来てくれるそうです。すぐに、みかん組さんにも、いちご組さんにもお知らせしました。「みんな、よう子で待っていてください」とお手紙の最後に書いてありました。それを聞いて、うなずいている子ども達でした。  
今日は、音楽参観日でした。お客様にたくさん、拍手をいただいて子ども達の目が輝いていました。音楽の楽しさは、仲間と一緒に楽しむと何倍も楽しくなります。お家の方も笑顔いっぱいでした。そして涙も・・・。子ども達の成長を感じる音楽参観日でした。子ども達にとっても、自信につながる素敵な日になりました。
今日は、音楽参観日のビデオを撮りました。ドキドキしたり、張り切ったり、子ども達が感じているいろいろな思いを大切にしながら、歌ったり、合奏したりしました。明日は、子ども達も、お家の方も楽しい1日になりますように。  
お母さんと一緒に、子どもについて、子育てを頑張っているお母さんたちのことについて井戸端会議のようにたわいのない話ができないかと考えました。気持ちがフッと軽くなったり、「自分だけじゃないんだ」という思いになったり、お母さんの笑顔が増える場がもてたらなあと思って「お母さん広場」を開催します。お父さんのご参加も大歓迎です。 詳しくはこちら ⇒ お母さん広場予定表(1月4日更新).pdf
どのクラスも、音楽参観日に向けて歌を歌ったり、楽器遊びや合奏を頑張っています。ステージも音楽参観日用に飾られて、子ども達は張り切って毎日「音楽会ごっこ」を楽しんでいます。子ども同士で見合うこともしていて、みかん組やいちご組の子ども達は、年長組の合奏を憧れのまなざしで見ています。子ども達にとって、思い出深い音楽参観日になるよう取り組んでいきます。  
今日は、11月生まれのお友達と先生の誕生会でした。年長児は、自分の好きな遊びを披露しました。いちご組は、じゃんけん列車のゲームを楽しみました。みんなが集まってお話を聞く姿からも成長を感じる誕生会でした。  
兵庫県立丹波年輪の里から3人の方が来てくださり、木でできた玩具をたくさん持ってきてくださいました。子ども達はわくわくして話を聞いていました。木で玩具が作れること、のこぎりや金づちの使い方も見せてくださいました。年長児は、木工をしているので、よく話を聞いていました。遊びながら、「いい匂いする」「気持ちいいい」とつぶやく姿に木の良さをしみじみと感じました。
いちご組が大事に育てていた大根を今日、収穫しました。とっても大きく育ったので、いつもよりも早い収穫となりました。なかなか抜けなくて必死に力を込める子ども達。やっとのことで抜けると、土の中で2本足に分かれていたり、虹のように曲がっていたり、おひげがついていたり・・・。みかん組の子ども達も興味津々で見守っていました。みんな大喜びで、お家に持って帰りました。どんなお料理になるのかなあ。  
今日は、年長組のお店屋さんとPTAの役員のお母さん方の手作りのお店屋さんがオープンしました。子ども達は、いろいろなお店に行って楽しんでいました。年長組は、お店やさんになる時間とお客さんになる時間を決めて、交代で両方の役を楽しんでいました。お母さんのお店は、「輪投げ」と「魚釣り」のゲームでした。みんな、「面白い!」と言って、何度も挑戦していました。役員のお母さま方、ありがとうございました。お店屋さんの後は、新型コロナウィルス感染防止対策をとって、コンサ-トを開きました。元OSK歌劇団の友麻 亜里さんと元タカラジェンヌの毬穂 えりなさんにお越しいただき、子ども達が知っている歌と踊りをたくさん披露していただきました。子ども達の目が釘付けで、夢のような時間を過ごしました。感動がいっぱいの「お楽しみ会」でした。 
年長組がお店屋さんごっこを楽しんでいます。いちご組とみかん組の子ども達がお客さんでやってきました。「ゼリー屋さん」「飾り屋さん」「ボーリング屋さん」「ケーキ屋さん」「スウィーツ屋さん」「おはなし屋さん」があります。どのお店も工夫があって、「さすが年長組」と思わずにはいられません。  
年長組が、小学校に行ってきました。とっても楽しみにしていた子ども達。足取りも軽やかに小学校に入っていきました。2年生の国語の授業で勉強しているお話の発表を見せてもらったり、図書室で図書の先生から大歓迎を受けて、図書室の案内をしていただき、実際に本を読む経験もさせていただきました。椅子が大きくて、子ども達の足が床についていないことに、もうすぐ小学生になるのだなあと実感しました。体育館では、音楽発表会の授業を見せていただき、たくさんの楽器を演奏しているお兄さん、お姉さんを憧れのまなざしで見ている子ども達でした。12月には、朝日ケ丘小学校に行く予定です。  
今日は、火災の避難訓練をしました。子ども達は落ち着いて避難ができました。そして、東山出張所から消防士さんが、消防自動車に乗って来てくださり、子ども達の避難の様子を見てくださいました。消防士さんのお仕事の話や、どうしたら、消防士になれるかという話をしてくださいました。また、消防自動車を触ったり、いろいろな機材の説明をしていただきました。「大きくなったら消防士さんになりたい人」と聞くと、半分以上の子ども達が手を挙げていました。心強いです。  
芦屋ライオンズクラブの皆さんから、幼稚園に春に咲く球根をたくさんいただきました。岩園幼稚園で、公立幼稚園5園分の球根の贈呈式がありました。子ども達は、小さな球根を見ながら、春に綺麗な花を咲かせる姿を思い浮かべながら、嬉しい気持ちで受け取りました。春がくるのを楽しみに子ども達とお世話をしていきます。  
今日は、「英語であそぼう」がありました。いちご組はみんな楽しみにしていたので、嬉しそうに先生の話を聞いていました。今日は、クリスマスツリーの塗り絵をしながら、いろいろな色の英語を教えていただきました。最後に「LITTLE SNOW  FLAKE」の歌を教えてもらいました。とってもかわいい曲でした。  
アドベンチャーワールドと、岩園幼稚園、宮川幼稚園、小槌幼稚園がオンラインでつながって、パンダの親子のLIVE映像を見たり、アドベンチャーワールドの飼育員さんのお話を聞いたりしました。赤ちゃんパンダの楓浜はとってもかわいくて、お母さんに甘えている姿も見ることができました。岩園幼稚園から「(楓浜の)好きな遊びはなんですか」という質問をしました。楓浜は、お母さんに甘えるのが大好きで、木登りも大好きだそうです。遠く離れたところとつながれるICTってすごいなあと思います。また、これからの子ども達の生活では当たり前になっていくのでしょうね。
幼稚園に施設の抗菌作業が入りました。手すり、水道回り、トイレのドアノブ、扉、園庭の固定遊具、門、子ども椅子を丁寧に抗菌コートしてくださいました。ここに、ウィルスがつくと、30分くらいで死滅するそうです。そのほかは、毎日、シルバー人材センターの方が入って、消毒をしてくださっています。いろいろな方に、ご尽力いただいて子ども達が安全に生活できています。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。  
年長さんが育てていたさつまいもを掘りました。大きいのや小さいの、細長ーいお芋が次々に出てきました。みんな大喜びです。どんなお料理にして食べようか?「大学芋」「焼き芋」「スイートポテト」・・・食べるのが楽しみです。  
10時に屋外拡声器から緊急地震速報を伝える放送がかかりました。子ども達は園庭で好きな遊びをしていました。「近くの先生のところに集まって、ダンゴムシのポーズだよ」という先生の声掛けで、園庭のあちこちで、シェイクアウトの行動をとる子ども達。毎月、避難訓練をしているので、子ども達も落ち着いて先生のそばで訓練が終わるまで待っていました。担任以外の先生が、園舎内に子どもが残っていないか確認に走り、いつもの訓練の成果が感じられました。
みかん組の砂場をお引越しすることにしました。幼稚園にもずいぶん慣れて、行動範囲も広がり、遊び方もお料理作りが楽しいようで、遊びが広がりやすいように枠を低くした砂場に変えることにしました。砂のお引越しも子ども達が手伝ってくれて、あっという間に完了しました。元の砂場はどうなるのでしょう・・・お楽しみです。
10月生まれのお友達と先生の誕生会をしました。運動会を経験し、お話を聞く態度に成長を感じる誕生会でした。年長さんのアナウンサーも板についてきました。年長児は自分の好きな遊びを見てもらいました。こままわしと、フープ回しをそれぞれ見せてくれました。年中、年少児は、先生が縄をへびさんに見立てて飛んだりくぐったりして遊びました。自分からやってみようと思う気持ちが素敵だなと思いました。  
今日は、年中組の「英語であそぼう」がありました。英語のダンスや歌はみんな大好きです。ハロウィンの絵本が面白くてみんなよく見ていました。
今年初めての「わくわくひろば」を開催しました。10組の親子の皆さんが集まってくれました。遊戯室の巧技台遊びをしたあと、「うんどうかい」を遊戯室でしました。体操をしてから、かけっこをしたり、ポンポンの玉入れをしたり、ふれあい遊びをしました。みんな元気いっぱいで、楽しいうんどうかいになりました。
幼稚園にたくさんザクロの実がなりました。美味しそうに熟れたので、少しずつみんなで分けて食べました。とっても甘くて、美味しかったです。  
今日は、幼稚園のみんなで、仲ノ池公園にどんぐり拾いに出かけました。大きなどんぐり、まんまる、小さいの、帽子をぎゅっとかぶったの、お布団来てるどんぐり・・・、子ども達はいろいろなどんぐりを見つけて、大事に幼稚園に持って帰ってきました。これから秋本番。いろいろな秋の自然に親しんでほしいです。また、みかん組は、今日はじめて、園外に歩いてでかけました。年長組さんが優しく手を引いて連れて行ってくれました。ちゃんと、車道側を年長児が歩き、みかん組の子ども達を守りながら歩く姿は頼もしかったです。
今日は、岩園幼稚園の子ども達に会いに、いとう まい芦屋市長が来てくださいました。子ども達にあたたかく声をかけてくださり、子ども達も嬉しそうにお話していました。園庭で遊ぶ子ども達を見て、「みんな元気でいいですね」と言ってくださいました。今年度、試験的に始まった3歳児保育も見ていただきました。
運動参観日が終わって、子ども達は自分たちで運動会ごっごを楽しんでいます。クラスの、学年の壁を越えて一緒に楽しむ姿は見ていて微笑ましいです。4歳児は、年長さんへの憧れが強く、一緒にリレーをすることが嬉しくてたまらないよう。その周りで、3歳児が園庭のあちこちに行動範囲を広げて自分たちで遊んでいる姿にも成長を感じます。  
みかん組が、リズム表現「むしのまち」や、かけっこをしたり、いちご組が綱引きやリレー、スーパーヒーローをしたり、年長組が、かけっこやバッタのお引越しをしたりする、さかさま運動会をしました。子ども達は日ごろ、遊んでいるところをよく見ていたり、憧れをもっていたりするので、みんな楽しそうに参加していました。子ども達の育ちを感じます。  
晴天に恵まれて、運動参観日(いわようオリンピック)開催されました。子ども達の笑顔いっぱい、やる気いっぱいの運動参観日でした。おうちの方の前で、その子なりに精一杯頑張っている姿は見ていて胸があつくなりました。おうちの方も笑顔いっぱいに見てくださり、拍手もたくさん、ありがとうございました。子ども達は、一回り大きくなったように感じました。最後の金メダル行進は、みんな素敵でした。  
明日は、子ども達が楽しみにしている運動参観日です。今日もみんな、楽しそうに演技や競技に取り組んでいました。今日は早く寝て、明日、いっぱい頑張っているところを見てもらいましょう!
年長組が考えた「いわようオリンピック」の開会式です。自分の旗が風になびきます。みんなで行進すると壮大な感じがします。大きくなったなあとしみじみ思います。      
いちご組の子ども達が大騒ぎ。大根が姿を現したのです。まだ小さいですが、まぎれもなく大根です。子ども達はすぐに気が付きました。大きくなるのが早くてビックリです。収穫はいつになるでしょう。楽しみです。  
運動参観日に向けて、子ども達がんばっています。競技や演技を張り切って遊んでいます。年少組は、体操、リズム表現「ゆうちゃんのみきさーしゃ」、かけっこ、親子遊びをします。年中組は、体操、リズム表現「むしのまち」、かけっこ、お引越しゲーム、親子ダンスをします。年長組は、体操、リズム表現「みつばちマーヤのぼうけん」、竹馬チャレンジ、綱引き、親子競技、リレーをします。みんな最後は、「金メダル行進」でピカピカの金メダルを胸にかけてもらいます。子ども達が力を発揮できる運動参観日になるよう取り組んでいきます。
今日は、運動参観日の競技の予行をしました。みかん組といちご組のかけっこは、「子ども達がやってみたい!」と思えるように先生たちが工夫しています。年長組はリレーと綱引きがメイン競技になりそうです。竹馬チャレンジも頑張っています。10月に入って、運動参観日のことがだんだん楽しみになってきた子ども達。これからまた、いろいろと考えたり、工夫したりしながら子ども達と創り上げていきます。  
運動参観日に向けて「運動会ごっこ」を楽しんでいる子ども達ですが、今、ひそかなブームが起こっています。それな何かというと「ふうせんかずらの種取り」です。外階段のところに、ふうせんかずらの風船のようなかわいらしい実がたくさん実っています。その実を触ってみるだけでもふわふわで気持ちがいいのですが、実が茶色になって、中を見ると・・・3人兄弟の黒い種がでてきます。その種をよーく見ると・・・「ハート」の模様が入っているのです。不思議です。子ども達はふうせんかずらの実のふわふわ感と種取りを楽しんでいます。  
10月から「わくわくひろば」を開催します。園庭で遊んだり、幼稚園の先生と一緒に遊んだりします。新型コロナウィルスの感染状況を見ながら、在園時と一緒に遊ぶ機会も考えてまいります。詳しくはこちら ⇒ わくわくひろば予定表.pdf
今日は、9月生まれのお友達の誕生会でした。誕生会の歌に合わせて、誕生児がスキップをするところがあるのですが、みんな楽しそうに体を弾ませている姿を嬉しく思いました。
年長組は「いわようオリンピック」(運動参観日)でリレーをします。いろいろ作戦を考えています。また、「いい勝負ができるチーム」づくりも考えています。今日は、子ども達の走りをビデオに撮って、みんなで見ました。「〇〇ちゃん、がんばってる」「わあ、今、抜かした!」・・・自分の姿だけではなく、友達の頑張っているところにも気付けることは、大切なことだと思いました。
短い時間でしたが、運動会の遊びを学年ごとに見ていただきました。子ども達の笑顔、おうちの方の笑顔がたくさん見られて嬉しかったです。運動参観日が思い出深いものとなるよう、これから先生たちでいろいろ考えてきます。
みかん組さんは、今日、ブロッコリーの苗を植えました。子ども達からは、「ブロッコリー大好き」「ぼく、きらーい!」・・・いろいろな意見が聞かれました。収穫を楽しみに、みんなでお世話をしていきます。とれたてのブロッコリーの塩ゆではそれは、それは、美味しいのです。自分たちで世話をしていくことで変わってくることもあります。子ども達の変化も楽しみです。
今日は、十五夜お月見です。昨日の夜にお空を見上げた子が何人もいて、「綺麗だったよ」と教えてくれました。今日が一番まんまるお月様だということ、お月様に秋の実りの感謝をするためにお供えをする話をしました。秋の草花のススキ、萩、ワレモコウ、リンドウの名前も子ども達に伝えました。そして、「くいしんぼうのおつきさま」のお話をみんなで聞きました。 今夜、お月様が見えますように。
いちご組は大根の種を,先々週蒔きました。今、芽が出て、早起き大根さんは、葉っぱがたくさん出てきました。お寝坊大根さんは、かわいい双葉が出ています。自分の種から芽が出ると嬉しそうです。毎日、水やりをがんばっています。12月には、立派な大根が収穫できるので、生長を楽しんでいきます。
年長組の「英語であそぼう」がありました。みんな先生のことが大好きで、いつも笑顔いっぱいの時間になります。カードゲームや色探しゲーム、ダンスを一緒に楽しみました。
今日は、火災の避難訓練をしました。2次避難として、岩園小学校まで避難するところまで訓練をしました。みんな、落ち着いて行動していましたが、小学校に行く途中、おしゃべりをする年長児が数人いて、「お・は・し・も」の約束をもう一度確認しました。年長児が、正直に「いけなかった」と思っている姿が嬉しかったです。
お天気にも恵まれ、さわやかな風が吹く中、子ども達は体をいっぱい動かしてゴルフ場で遊びました。5月の姿と比べると、みんなたくましくなったなあと思いました。坂滑りを何度も何度も楽しんだり、虫を捕まえるのに必死になっていたり、生き生きと遊んでいる姿が何よりも嬉しかったです。年長組は、ゴルフ場の中にある登山道も探検しました。「アスレチックみたい」と根っこの階段や、くねくね道を楽しんでいました。
いちご組が、畑の土つくりから取り組んで、大根の種をまきました。小さな小さな大根の種を大事そうに畑のベットに入れて、そっと、土のお布団をかけてあげていました。種から野菜を育てることは、初めての子ども達です。お世話をしながら、収穫を楽しみにし、だんだん大きくなる姿を通して、不思議に思ったり、いろいろな発見をしたりしてほしいです。
いちご組の子ども達が岩ケ平公園にバッタを探しに行きました。草のところにいることを知っている子どもがさっそく探し始めます。でも、なかなか見つかりません。しばらくすると、目が慣れてくるのでしょうか「いたー!」と見つけ始めます。子ども達が草むらに入っていくと・・・ピョン、ピョンと何かが飛びます。よく見ると、バッタが飛んでいることに気が付きます。でも、大きなバッタ(子ども達が先生バッタと呼んでいるバッタ)は、近づいてもすぐには飛びません。じっと潜んでいるのです。さすが、「先生」です。そう簡単には捕まりません。でも、こちらも辛抱強く先生と子ども達で捕まえようと必死になりました。やっとのことで捕まえた「先生バッタ」に子ども達は目が釘付けでした。
シャボン玉遊びが大好きな子ども達。今日は、「シャボン玉の中に入っちゃおう」と先生たちが企画してみんなで挑戦しました。「虹が見えた」「ふわふわ飛んでいくかと思った」「面白かった」・・・と、子ども達がときめいた言葉が、たくさん聞かれました。    
只今、幼稚園では、来年度入園を希望される方、また検討中の方に願書を配布しています。 8:50~16:30の間に幼稚園までお越しください。 ≪応募資格≫ 5歳児・・・平成28年(2016年)4月2日生           ~平成29年(2017年)4月1日生 4歳児・・・平成29年(2017年)4月2日生           ~平成30年(2018年)4月1日生 3歳児・・・平成30年(2018年)4月2日生           ~平成31年(2019年)4月1日生
好きな遊びでシャボン玉遊びが面白いことになっています。大きなシャボン玉を作ろうと年長児がチャレンジしています。また、石鹸を泡立てて、ホイップクリームを作って、パフェ作りも楽しんでいます。1学期の遊びが進化しています。
今日は、8月生まれのお友達の誕生会をしました。みんな、一つ大きくなって、誇らしく感じているように感じました。年長さんの、アナウンサーも、頼もしく思います2学期が始まって、それぞれの成長を感じます。
2学期が始まりました。子ども達が元気に遊ぶ姿が見られるのは本当に嬉しいです。子ども達は、お友達に久しぶりに会えて楽しそうです。夏休み中に大きくなったトウモロコシを収穫して、塩ゆでにしてみんなで食べました。長雨のせいで、収穫は少なかったですが、味はおいしかったです。        
今日は1学期の終業式をしました。1学期、いっぱい遊んでがんばったことをみんなで喜びました。とても嬉しかったのは、子供たち一人一人が、楽しかったことを元気一杯話してくれたことです。楽しかった遊びがない子はいませんでした。明日から夏休みです。2学期、元気でみんながそろうように、健康に気をつけて楽しい夏休みを過ごしてください。
年長組が「英語であそぼう」の会を楽しみました。英語のあいさつを教えていただいたり、カードゲームをしたり、英語の歌を歌いながら踊ったりしました。子供たちの笑顔が弾ける楽しい会でした。英語の先生が大好きな子供たち。知っている英語のあいさつで、自分から話しかける子供も増えてきました。英語に親しんでいる姿が嬉しいです。
みかん組の子供たちが世話をしているミニトマトが赤くなりました!子供たちは大喜び。「赤いお洋服におしゃれしてる」と歌の歌詞を思い出して話していました。さっそくみんなで食べました。とてもおいしかったそうです。 それから、幼稚園の果樹園にある桃がおいしそうに実り、みんなで分けて食べました。こちらも、甘くておいしかったそうです。            
今日は、七夕まつりをしました。遊戯室は、子供たちが作った天の川と笹飾りで綺麗に飾られました。七夕のお話を聞いたり、友達の願い事を聞いたりしながら、お星さまの世界に夢を広げました。幼稚園で育てたピーマン、ナス、キュウリがいっぱい収穫できて、お供えしました。ほかの夏野菜もいっしょにお供えして、収穫に感謝をしました。                    
明日は七夕。おうちの方に来ていただいて、笹に子供たちが作った七夕飾りをいっしょにつけていただきました。そして、クラスで楽しんでいる遊びをクラスごとに遊戯室で見ていただきました。みかん組は、親子遊びをした後、大好きな汽車ステップと「トマト」のお歌を歌いました。いちご組は、なかよしダンスとタンバリン遊びとお歌をきいてもらいました。さくら組は、「グロッケン」という鉄琴とハンドベルを使って「キラキラ星」の曲を奏でました。すみれ組は、子供たちが創ったお話を絵に描いて、絵話を聞いてもらいました。年長組も一番好きな歌を聞いてもらいました。たくさん、拍手をもらって、嬉しそうでした。                      
今日目には6月生まれのお友達の誕生会でした。おうちの方にも来ていただいて、みんなでお祝いしました。一つ大きくなることは、嬉しいことです。自己紹介をする姿は、みんな誇らしげでした。先生からのプレゼントは、「ながぐつダンス」でした。かわいいながぐつ人形が踊ると、子供たちは大喜びでした。                                           今日は、年長さんが育てたイチゴのジャムをクラッカーにのせて食べました。
今日から水遊びが始まりました。幼稚園の大きなビニールプールで子供たちは大喜びで遊んでいました。楽しいゲームをしたり、舟を浮かべたり、貝ひろいをしたり・・・水の気持ちよさを思う存分味わって、知らない間に顔にかかっても平気で遊べるようになってほしいと思います。 
今日は、地域の方が12名幼稚園に来てくださいました。子供たちと一緒に、七夕の笹飾りを作るためです。子供たちも、楽しみにしていました。皆さん、優しく丁寧に教えてくださり、子供たちは楽しんで作っていました。いちご組は、四角つなぎ、三角つなぎを年長組は、輪つなぎと貝殻つなぎを教えていただきました。お礼に、子供たちを歌を聞いていただきました。温かい雰囲気の中で、素敵な時間が過ごせました。
年長組が今、楽しんでいる遊びが温泉ごっこです。はじめはウォータースライダーを作って水を流して遊んでいたんですが、今は「温泉ごっこ」に変わっています。温泉は源泉かけ流し。水が溜まるところも少し深くなりました。なんと、今日は、温泉たまごが流れてきた大喜び!実は発泡スチロールの玉を「温泉たまご」に見たててあそんでいます。子供たちのわくわくする気持ちが感じられて見ていても楽しくなってきます。   
うさこちゃんが岩園幼稚園を紹介します。幼稚園には、どんなものがあるのかな?子供たちを迎えてくれるかわいい仲間もいますよ。どうぞ、こちらをご覧ください。 https://youtu.be/mm1C_A6vTe0
毎週火曜日の10:00~11:30まで幼稚園の施設を地域に開放しています。緊急事態宣言が解除になったので、園庭のみの開放ですが、再開しました。さっそく、7組の親子の皆さんが遊びに来てくれました。 「みんな元気ですね。」と幼稚園の子供たちが遊んでいる姿を見ながら、お子さんを遊ばせていらっしゃいました。幼稚園の子供たちも小さいお友達にやさしく関わってくれます。そんな姿がこれからも見られると嬉しいです。
        年長組が育てた玉ねぎとジャガイモを使ってカレーを作りました。         年長組が玉ねぎの皮をむき、包丁で玉ねぎと人参を切りました。切ると、トントンといい音がしました。「カレーが美味しくなる音だよ」と言うと嬉しくなる子供たちでした。材料が全部切れると幼稚園の給食室にある大きなお鍋でぐつぐつ煮ます。このお鍋で作るカレーは美味しいんです。子供たちはみんな大喜びで食べていました。  
                    子供たちは、造形遊びも大好きです。 みかん組は、絵の具の感触を思いきり楽しみました。最初はそおっと触っていた子供たちも、だんだんダイナミックになって手形を押したり、色を混ぜたり、絵を描いたりいろいろ遊んでいました。いちご組は、雨を描きました。筆に水彩絵の具を含ませて、紙の上に置くと絵の具が流れ落ちます。その様子が面白く、たくさんの雨を描いていました。色を変えてにじむ様子も見ていました。綺麗な雨が描けました。さくら組は、お部屋に雨を降らせました。いろいろな雨ができました。細かい作業ができるのはさすが年長さんです。手作り雨の中で、傘やレインコートも作り出して楽しい時間でした。すみれ組は、ザリガニをいろいろな材料を使って作りました。子供たちの発想の豊かさや工夫しているところに感心します。実際に見たり、触ったりした経験がある子供たちなので、細かいところも作っていました。 造形遊びは、表現活動です。イメージすることを形にしていくことを楽しんで、内面を豊かにしてほしいです。  
                            園庭に毎日、ウォータースライダーができます。 とゆとビールケースを使って滑り台から、築山の横にある子供たちが作った池までをつなぐ長いスライダーです。 水がうまく流れるように試行錯誤しながら作っています。 水を流すときの子供たちは本当に楽しそうです。 どろんこ遊びは幼児期に大切な経験です。 いろいろな学びがあります。 思う存分遊んでほしいです。
                            年長組が年少組の時に植えて世話をしてきた玉ねぎを収穫しました。 「玉ねぎの匂いすごくする」「大きい!」「葉っぱながーい」・・・ 立派に育った玉ねぎがたくさん収穫できました。 カレーパーティが楽しみです。  
                                                                              幼稚園に交通安全指導員のお姉さんと、市役所の方、芦屋警察のおまわりさんが来てくださいました。 遊戯室で、交通ルールのお話を聞いた後、園庭に出てみると・・・ 横断歩道が2つと、信号機が置いてあって、園庭が道路になっていました。 おまわりさんや、指導員の方たちが、丁寧に「右見て、左見て、もう一度右を見て、右手を挙げて渡りましょう」 と、教えてくださいました。 年長組は2回目なので、自分で確かめて渡ることを頑張りました。 いちご組はお話をよく聞いて、初めてでしたが、上手に渡っていました。 みかん組は年長組と一緒に教えてもらいながら渡りました。 年に2回、交通安全教室を開催しています。  
                                                        年長組がさつまいもの苗を植えました。 「ジャガイモは、半分に切ったジャガイモを植えました。夏野菜はポットに入った小さい苗を植えました。 さつまいもは、どんな苗でしょう。」と先生が聞くと「紫色の種」「ポットに入ってくる」 「さつまいもを半分に切る」と答えは様々。 お家に帰って、畑をしているおじいちゃんに聞いてきた子供もいました。 今日、植える前に苗を目にした子供たちは・・・。 さつまいもの苗が蔓だとわかって「エッ」と驚いていました。 みんなで土を作って土嚢に入れて、苗を植えました。 どんなさつまいもができるでしょう。楽しみです。  
                    先週、収穫したジャガイモの中で、「赤ちゃんジャガイモ」を幼稚園の畑にできたスナップエンドウと一緒に オリーブオイルでソテーして、少し塩をふって年長組が食べました。 とっても美味しかったので、今度はいちご組さんやみかん組さんにもおすそ分けをします。 今度は、中くらいのジャガイモをお料理します。 楽しみにしている子供たちです。  
                                                            みかん組がびわを食べました。 自分で洗って、皮をむいて一口ずつ味わって食べていました。 甘くてとても美味しかったので、子供たちは無言で食べていました。 食べていると大きなぴかぴかの種が出てきて、それにもビックリ。 自然の恵みに感謝です。  
                                            山手中学校の2年生のお兄さん、お姉さんが、幼稚園のみんなへと「魚釣り」のゲームを作って持って来てくれました。本来なら、「トライやるウィーク」で1週間、子供たちと交流してもらう予定でしたが、緊急事態宣言中ということで、急遽、嬉しい手作りプレゼントをいただくことになりました。 子供たちは、興味津々で、楽しそうに遊んでいました。 山手中学校のお兄さん、お姉さん、本当にありがとうございました。