園生活ブログ

1月の誕生会

今日は、1月生まれのお友達の誕生会でした。
みんなから「おめでとう」と言ってもらって、嬉しそうな誕生児たちでした。
毎月、誕生会での子ども達の姿を見て、本当に大切な行事だと思います。

 

年少組、年中組の参観日

今日は、年少組と年中組の参観日でした。
年少組は「ねずみのでんしゃ」年中組は「ちびとらちゃん」の遊びを見ていただきました。
お話遊びが大好きな子ども達。年中組は、自分たちで登場人物のイメージを体や言葉で表現しながら、関わりを楽しんでいます。年少組は、お家の人と一緒にお話の世界で遊びました。子ども達はとても嬉しそうで、この思い出がもっとこのお話を好きにしていくことになります。

 

年長組の参観

今日は、生活発表会の遊びをおうちの方に見ていただきました。
感染対策をとって、短い時間でしたが、子ども達の様子を見ていただけて良かったです。
すみれ組は「もりはいきている」、さくら組は「白雪姫」のお話で遊んでいます。
これから、お話の面白さを感じながら、お客さんに見てもらうことを意識して子ども達が劇を創り上げていきます。当日をお楽しみに!

 

体操とマラソン

毎朝、子ども達は、元気に体操をして、そのあと、マラソンをしています。
年長組さんがかっこよく走っているのを見て、年中組も年少組のやる気満々になります。
寒い日が続きますが、朝一番に体を動かすと1日が気持ちよく過ごせます。

 

わくわくひろば開催!

新型コロナウィルス感染防止対策をとりながら、「わくわくひろば」を開催しました。
今日は、地域の教育ボランティアさんに来ていただき、リトミックをしていただきました。
とっても楽しくて、笑顔いっぱいのひろばになりました。

 

震災の会

1月17日、阪神淡路大震災が起きて、27年がたちました。
子ども達に命の大切さと、元気でいっぱい遊べることは、とっても幸せなことだということを伝えたいと思いました。
避難訓練をしました。岩園小学校まで2次避難することも3回目になるとみんな落ち着いて上手に避難できました。
そのあと、遊戯室で感染対策をとったうえで、地域の読み聞かせボランティアの方に来ていただき、「さくらのなわとび」というオリジナルの震災の紙芝居を読んでいただきました。みんなとっても真剣に聞いていました。涙を流す子もいました。
降園時には、保護者にも参加していただき、黙とうをしました。
今、子ども達が元気でいられることに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

どんど焼き

どんど焼きをみんなでしました。
幼稚園の門に飾ってあったしめ飾りを焼いて、今年1年が良い年になるようにお願いをしました。焼いた後、灰を、幼稚園の中に悪いものが入ってこないようにと3つの門の隅に置きました。

 

さんさんひろば

今日のさんさんひろばは、ビニール袋を使って、パラシュートを作りました。
お家の人と一緒に、ビニールに絵を描いた後、アルミホイルで作ったおもりをつけて完成です。
みんなで、「5,4,3,2,1,0、発射!」と飛ばして遊びました。

 

雪だ~!

お弁当を食べて、みんなが遊び始めたころ、空から素敵なプレゼントがありました。
雪がたくさん降ってきたのです。
子ども達は大喜び!スモックを広げて雪を捕まえたり、色画用紙にのせたり、滑り台やマットにうっすら積もった雪を集めたり、空に向かって口を開けたり・・・。
あまり雪が降らない地域なので、こんな日は大切にしたいと思っています。
服にのった雪をよく見ると結晶が見えて、さっそく虫眼鏡でみる年長組。
自然の不思議さを感じます。

 

鏡開き

今日は、鏡開きをしました。
鏡餅を飾るいわれや、一緒に飾ってある「橙」「串柿」「昆布」「ウラジロ」の意味についても話を聞きました。
そして、今年もよい年になりますようにと、一人一人鏡餅を開きました。
そのあと、きな粉餅をみんなで食べました。
きっと、みんなにとって、良い年になることでしょう。